カードローンの審査に不合格になりもう一度申し込みする時はどのタイムングがいいでしょうか。ここではカードローンの再審査のタイミングについて知りましょう。

・再審査のタイミング 再審査のタイミングとしては落ちてから6か月は間を空ける事が望ましいです。しかし、これは一般的言われている事になりますので、全てのカードローン会社に当てはまるとは言えません。

 目安としては6か月空けるのがいいのですが、仮に6か月空けても審査に合格できない時もあります。逆に3か月くらいの期間を空けるだけでも審査に受かる事もあります。このような基準については一般には公表していないので、それぞれのカードローン会社の判断になります。

 したがって審査に実際に通してみないと分からない部分もあります。それぞれの会社により空けるべき期間は違いますが、それは実際に審査に申し込まないと正確には把握しにくいのです。そこで最低でも6か月以上は期間を空けてから再審査に申し込みをするのがいいでしょう。

 ちなみにこの6か月というのには理由があります。それは個人信用情報に関わります。日本国内には3つの個人新情報機関がありますが、審査に不合格になったという履歴は6か月間は記録されるようになっているためです。

 再審査に挑む時には6か月以上は期間を空けてからにするといいでしょう。