初めてキャッシングのお世話になるときは、本当にそれを利用して良いのか迷いがあるものです。キャッシングでお金を借りるのは良いのですが、借りた瞬間から返済のプレッシャーを背負うことになります。日常生活の中でそのプレッシャーを意識するシーンは、やはりお金を使う場面です。キャッシングを利用すれば、お金の無駄遣いはできないという感覚が強くなります。しかし、そう強く感じるのは、最初から何回かだけなので注意が必要です。

 ある程度コンスタントにキャッシングを利用していれば、だんだんと迷いはなくなってきます。むしろ使い勝手の良いATMのような感覚にいつの間にかなってきます。そうなってしまったら、借り過ぎや返済の遅れに気を付けなければなりません。キャッシングに慣れてしまったことが仇となり、債務に追われてしまうこともあります。1度お金を借りてしまったら、お金を借りることに対しての意識が薄れやすくなります。そうなってしまうのは良くないことなので、キャッシングを利用するときは1回ごとに「本当に借りても良いのか」と自問自答してみたほうが良いです。そうして自問自答すればキャッシングを踏みとどまったほうが良い場面も出てきますし、借り過ぎや返済の遅れを防ぎます。