消費者金融を利用するときに不安に思うのが周囲に利用が知られやしないかということです。別に当人がカードローンなどをしていても周りに迷惑をかけるわけでもないのですが、やはり人の目はこいつは借金をしているぞと見る訳で、ちょっと親しい人以外には知られたくない、人によっては一切親族も含めて利用を知らせないでほしいと思われると思います。

そういう周囲に知られるリスクがあるのは会社などにかかってくる在籍確認の電話です。その人が申告したとおりの会社で働いていて、しっかり返済をしていく能力があるのかどうかを見るのが在籍確認の意味ですが、わかる人には金融機関から会社に電話がかかってくるというのは借金だったり引き落としがうまいこと行かなかったなどマイナスの理由であることが推測されます。

審査の一環なので必須項目なのだと思われがちな在籍確認ですが、事前に申し出ることで社員証や社会保険の書類やカードのコピーの提示でそれに代えてくれる金融機関もあります。その会社にいることを証明するという目的を考えるとわざわざ会社に電話しなくても良いということなのです。大々的に宣伝していない消費者金融もあるので、こういうことがしたいというのは事前に相談しましょう。